一般社団法人日本色彩環境福祉協会
一般社団法人日本色彩環境福祉協会
サイトマップサイトマップ
資料請求資料請求
space
.

色彩福祉®検定Q&A

受験希望者さまからのよくあるご質問にお答えします

Q.受験者について >>
Q.勉強方法について >>
Q.試験出題内容について >>
Q.合格ラインについて >>
Q.資格取得後について >>

.
どのような方が受験しますか?
これまで男女を問わず10代から70代までの方々が受験しています。学生、福祉・医療に従事している方、福祉関連企業、一般企業にお勤めの方、主婦の方など幅広い層が受験しています。
障害のある方の受験も受付けていますので、ご希望の方は事務局までお問い合わせください。
end


.
勉強方法を教えてください
学習方法としては、
 @公式テキストを使っての独学 (詳細はこちら)
 Aスクールおよび講座の受講 (詳細はこちら)
の2つの方法があります。
Aに関しては、スクールや講座によってカリキュラムや費用が異なります。 自分に合った学習方法を見つけてください。
end


.
試験はどのような分野からの出題が多いのでしょうか?
色彩と福祉の各分野から広範囲に出題されます。公式テキストをよく読んでください。
色彩理論や色彩調和ではCUS®カラーカードを活用して理解を深めるとよいでしょう。
end


.
合格ラインは?
試験問題の難易度により、各回で若干異なる場合がありますが、概ね70%の正答率であれば合格となります。
end


.
合格するとどのような分野の就職や仕事に役立つのでしょうか?
身につけた色彩や福祉の知識や技能に関しては、福祉や介護の分野、または一般企業においても幅広い分やで活用できます。
色彩福祉®検定は、色のもつ大きな力を応用して人々の幸福に貢献することを目的とした検定です。 人にかかわる仕事の方には、現場で即活用でき、仕事の幅を広げることができるでしょう。
end


up

 


Copyright(C) 2009 japan colors welfare environment association All rights Reserved.