色彩福祉の資格色彩福祉検定と色彩福祉士

色彩福祉検定と色彩福祉士について

色彩福祉検定は、色彩を福祉の分野に活かすための知識を問う検定試験です。

色は人間の生理や心理機能と結びついて、心を映すメッセージとなります。色を活用することで、思いをうまく伝えられない人たちの内面をくみ取り、心を癒すこともできます。こうした色彩心理を活用した心のケアは、高齢者や知的障害児などを対象にした福祉の分野で、幅広く活用されるようになりました。
「福祉」は、人々の生活の安定、充足といった幸福を意味する言葉ですが、私たちが具体的にイメージできる福祉は、高齢者や障害者、子どもなど社会的に弱者とされる人々に対する支援で、さまざまな生活上の問題を解消し、より暮らしやすくなるよう手を差し伸べるものです。

「色彩福祉」は、そのような支援のなかで心のケアを大きな目的としています。色彩が人に与える心理的な影響力を応用し、色彩を媒介にしたカウンセリングの活動、色彩を用いた福祉施設の環境整備やバリアフリー商品などの開発、そして、このような活動を推進していく人を色彩福祉士と位置づけています。

色彩福祉検定 受験ガイド

試験日:第21回2019年7月7日(日) 第22回2019年11月10日(日)

■受験資格

3級:どなたでも受験できます。
2級:3級を合し資格登録した者、または3級・2級併願者
1級:3級を合格し資格登録した者で2級・1級併願者、または2級合格者
色彩福祉士:1級合格者が養成講座を修了することで授与される資格です。

■受験方法

【会場受験】:試験日に試験会場にて受験してください。会場は、東京、大阪、団体校です。
3級試験:10:00~、2級試験:13:30~、1級試験:16:30~
【在宅受験】:自宅で受験する方法です。試験日の2日前に問題用紙、解答用紙のセットを自宅に送付します。試験日翌日消印有効にて返送してください。

■出題範囲

色彩福祉検定3級試験:「色彩福祉検定3級公式テキスト/誠文堂新光社発行」より
・色彩福祉の必要性
・色彩の演出効果と香り
・生活と色彩の関係の理解
・色彩福祉の実践
・心のケアと色彩福祉
・自分らしさの理解
・色彩理論
・暮らしに活かす色彩
・色彩調和
・色彩交流法 ほか

色彩福祉検定2級試験:「色彩福祉検定1級・2級公式テキスト/誠文堂新光社発行」の2級範囲より
・色彩理論
・色の知覚と心理効果
・配色構成法
・色彩調和CUS
・色彩福祉の意義
・色彩福祉と心の理解
・対人援助のための心理学
・心の生涯発達ほか
※3級公式テキストも試験範囲となります。

色彩福祉検定1級試験:「色彩福祉検定1級・2級公式テキスト/誠文堂新光社発行」の1級範囲より
・色彩文化
・日本歴史と色彩文化
・色彩福祉の必要性
・高齢者と色彩福祉
・色彩福祉の実践
・ファッションを福祉に活かす・色彩と香りの応用・インテリアと色彩環境福祉 ほか
※3級、2級の公式テキストも試験範囲となります。

■資格登録

色彩福祉検定3級合格者は、色彩福祉アドバイザーとして協会に登録することができます。


資格登録者には、資格登録カードが発行されます。2級以上の試験を受験する場合には、資格登録が必要です。(3
級、2級併願を除く)1級に合格すると色彩福祉士養成講座の受講資格が得られ、講座修了後、色彩福祉士として登録されます。

■公式教材のご案内

全国有名書店にて取扱中
色彩福祉®検定3級公式テキスト(3,888円 税込)
色彩福祉®検定1級・2級公式テキスト(6,264円 税込)
監修:(一社)日本色彩環境福祉協会 編集:色彩福祉®検定公式テキスト編集委員会 発売:誠文堂新光社

色彩福祉®検定対応CUS®カラーカード157 (2,160円 税込)
第2回色彩福祉®検定3級過去問題・解答解説つき (540円 税込)
第6回色彩福祉®検定3級過去問題・解答解説つき (540円 税込)
第5回色彩福祉®検定2級過去問題・解答解説つき (540円 税込)
第7回色彩福祉®検定2級過去問題・解答解説つき (540円 税込)
第6回色彩福祉®検定1級過去問題・解答解説つき (540円 税込)
第8回色彩福祉®検定1級過去問題・解答解説つき (540円 税込)
カラーカードおよび過去問題をご希望の方は協会に直接お申し込みください。(送料が別途200円かかります)

色彩福祉®検定公式教材に関するお問い合せ

色彩福祉士資格、色彩福祉検定、公式教材等に関するお問い合わせ、検定ガイドのご請求はお問い合わせフォームからお願いします。
問い合せ・資料請求